FC2ブログ

初合わせ

あれこれ
05 /11 2010
本日は、頭を(?)クラシックモードに転換して
7月に行うコンサートの中の一曲、コッペルのトッカータを
マリンバ奏者、高野綾ちゃんと初めてリハーサルしました~。


toccata-duo


クラシックの、マリンバとヴィブラフォンのデュオの曲としては
超定番、超有名の曲です。


小さいオタマジャクシがパート譜で
約9ページに渡って連なっていて、
演奏時間はおよそ10分。


そりゃあリハも一日がかり


ジャズの時とはまた違ったアンサンブルがすごく楽しくて、
いつまでも弾いていたい気持ちはおさまらず
夢中になってリハしてて気が付いたら、
体が悲鳴を上げていました




で。

楽しいリハの後は、楽しい食事w


galofalo


そうとうエネルギーを使ったのか、
アラサー女子ふたりで、結構食べましたな~

あ、手前のサラダは、殆ど食べてしまってます。



そんな超エネルギーを消費する曲は、
7月与野で聞く事が出来ます(笑)


↓ ↓ ↓

CrossTone Concert Vol.1
~ピアノと鍵盤打楽器の饗宴~


●日にち:2010年7月2日(金)

●会場:彩の国さいたま芸術劇場 小ホール
(最寄り駅:与野本町)

●開場:18時半 開演:19時~

●全席自由 1800円

出演者:四ツ谷春香(ピアノ)山口幸恵(ピアノ)山本玲子(ヴィブラフォン等)
ゲスト:野 綾(マリンバ)

●演奏予定曲目(抜粋)

(1台4手) 
I Got Rhythum(即興バージョン)・・・ガーシュウィン 

(1台4手+鍵盤打楽器等)
動物の謝肉祭より抜粋・・・・サン・サーンス 

(ピアノソロ)
スケルツォ第3番 Op.39・・・ショパン 

(ヴィブラフォンとピアノのための)
Horizon Blue ・・・・・山本玲子     他





そして、今日リハしたトッカータも!



ピアノソロがあったり

ヴィブラフォンとピアノのデュオがあったり

はたまたピアノ連弾とマリンバとヴィブラフォンという
めったにお目にかかれない編成もあって

濃密なプログラムとなっておりますので

是非ピアノと鍵盤打楽器の音色に触れに来て下さいね!

コメント

非公開コメント

山本玲子

ビブラフォン奏者、作曲家。

東京音楽大学卒業後、バークリー音楽大学を卒業。

美しい旋律を紡ぎ出す作曲家としてのセンスも持ち合わせつつ、その透明感のある音色と、様々なジャンルを弾きこなすヴィブラフォン奏者として、都内を中心にスタジオワークからライブまで多岐に渡って活動している。

主な共演者は、ロン・カーター(b),寺井尚子(vln), 宮川彬良(p,作編曲家), 山下洋輔(p)など。寺島レコードよりリーダーアルバム『Tempus Fugit』、『Wilton's Mood』が発売中。

◆homepage
◆twitter
"さくらのうた"CD販売ショップ